I-O DATA 4Kモニター『EX-LD4K271DB』がやってきた♪

こんにちは、えみゅママです。

実は盆前に、9年ぶりにパソコンを買い替えました。

そのパソコンの話も書きたいのですが、それはまたの機会ということで、今回はモニター(ディスプレイ)の話です。

そのPCには、 廉価版の ビデオカード GeForce GTX 1050Tiが入ってて(1060と散々迷ったんですが、家族だれもPCゲームはやらないので、安いほうでいいかと)、4Kモニターにやっと対応できたというわけです。

とりあえずPC本体のみ買っておいて、9月にはいってすぐアマゾンのセールがあったので、悩みに悩んで4Kモニターをやっと購入しました。

アイオーデータの27インチ4Kモニター。アマゾンの型番ではEX-LD4K271DB、流通経路によっては型番が違っているものもあります(中身は一緒)。

4Kモニターを導入するにあたって一番悩んだことは、

1. 何インチのものを選んだらよいのか?

2.文字が小さくて読みにくいと噂で聞くが、どれぐらい読みにくいのか?

ということについてでした。

何インチのものを選んだらよいのか?

特別な作業をする人やお部屋が広い人はともかく、一般の住宅事情から言って、大型のモニターは(たとえ欲しくても)置き場所に困りますよね?
常識内で考えると、24インチ~がんばって32インチが妥当なところ

前に使っていたのは、9年前にパソコン本体とセットで買ったDELLの24インチ弱?のモニターです。

今回は27インチにしたのですが、大きさを比べてみると(高さが違うんで分かりにくいでしょうけど)、結局は一回り大きいだけでした。

大きすぎないか?圧迫感があるんじゃないか?と散々悩みましたが、実際設置してみると

『あんなに悩んでいたのはなに?』

と拍子抜けするほど、違和感はなかったです。しかし、これ以上の32インチになると、まず横幅が机からはみだしちゃいそうです(笑)

文字が小さくて読みにくいと噂で聞くが、どれぐらい読みにくいのか?

4Kモニターというのは、論理上、面積でFULL HDが4枚分入る解像度に相当するらしいです。
ということは、単に『4Kにすると解像度が上がってハッキリクッキリ! (←私の以前の思い込み(笑)) 』とばかりは喜んでいられない!?
文字もその分、1/4・・・とまでもいかないでも、相当小さくなるのでは???

最初、私は置き場所の都合から、23.8インチの4Kモニターでいいんじゃないの?と思っていたのですが、24インチに、FULL HD4枚分は相当にキツイ。
文字を拡大しても、元々が小さなモニター画面なんで、作業領域が一気に(文字拡大によって)狭まってしまいます。24インチくらいの4Kモニターがほとんど製品化されていないのはこの理由かららしいです。

これについて、ネットでいろいろ情報を仕入れたところ、

Windowsのディスプレイ設定で文字の拡大をすると、読める字の大きさになる。

ということがわかりました。

それでも、実際に設置して電源をつけるまで、めっちゃ不安でした。なにせ、もう老眼の年齢なんで・・・・・・(;^_^A

そして、いよいよモニターが到着。

ケーブル口はHDMI3つ、DisplayPortひとつ、アナログひとつ。

・・・・・アナログはケーブルすら付属してなかったので除外するとして、HDMIケーブルとDisplayPortケーブル、どちらを接続するのがいいの!?

と、わからんことは続きます。

結論として、HDMIよりさらに進化したケーブルが、DisplayPortケーブルらしいので、複数台接続とかゲーム機の接続とか特別の理由がない限り、ディスプレイポートケーブルを使うということでいいと思います。

ショボイ音ですが、一応スピーカーが背面についています。あっ、ちなみに、DisplayPortケーブルを使うと、音声もそれを経由して出力されるので、配線は極めて少なくてすみます(^^♪

画面右下に物理的ボタンが5つ、付いています。こちらで、各種設定できます。
ただし、ちょっとビミョーな操作感で、たびたび押し間違えます(笑)

無意味に前面にスマホ置きの溝が切ってあります。一応、USB給電できる仕様らしくて、その際にスマホを置くためかな?

背面はケーブルを通す穴が開いています。台座は非常にチープな造りですが、お値段がお値段なので、目をつぶれるレベルです。
気に入らなければ、別途モニターアームを購入してすげ替える手もあります。VESA規格100x100mmに対応しています。

さて、電源をつけた感想をば。

もはやログイン前の写真で、キレイさを実感。画面が、ノングレア(非光沢)なのも、妙な写り込みがなくてGOOD。

おっと、ピントがあってなかったですか。でも、IPS(ADS)パネルなんで横の方からみてもキレイに見えます。

画面のアイコンがクッキリはっきりなのに驚いた! アイコンが光っとる!

ブラウザを開けてみると、文字が細くてキレ~!にじみがないです。

と、ここまできて

ん?文字のちっささはどうした!?
確かに小さいけどフツーに見えるぞ??

ということで、画面設定を見に行くと・・・・

何もしてないのに、勝手にテキストが150%になっとった!!
噂で聞いてたんですが、新しいバージョンのWindows10では画面設定が簡単に(自動的に)できるらしいです。
しかも、青文字の『表示スケールの詳細設定』内も、自動的に他のアプリも文字を最適化するという設定がONになっていました。
だから、何もしてないのにあまり違和感なくアプリ、ブラウザ開けてたんだ・・・・・

不思議なのはIEブラウザは拡大率150%だったのに、クロムは100%。
でも、文字の大きさはだいたい同じ。
で、クロムの方は拡大率110%にしときました。これを120%にしてしまうと、フォントがかなり太くなってしまいます。

↑ 参考。Wordのリボン部。くっきりはっきりの文字・アイコンがうれし~♪

最後に、わが、blogの検索結果文字がどう変わったか。

<Befor>古いモニターにて。

<After>新しいモニターにて。

キャプチャーの大きさが少し違いますが、その差は歴然としてるでしょう?

文字は全体的に小さいですが、一文字一文字クリアで細い線がはっきりしてるから、逆に読みやすいです。

最後に『設定』の話を少し。

デフォルトで、

・画面モードが『Webモード』
・リフレッシュ設定が『30Hz』

になっているので注意です。色がなんとなく黄みがかってて、特に緑が思った色でなかったので、モードを『標準』にしたら、いつもの色になりました。

あと、4Kを堪能するために、『60Hz』の設定は必要かと。

ゲームをする人は、応答速度がMAX5msに設定できるみたいなので速度早い方がよいのかな?ちなみに、普通の動画を再生するくらいだったら、デフォルトでもきれいに見れます。

結構、設定で細かく色温度や色味も設定できるので、自分でいろいろいじって『お気に入り』にいれとくといいと思います。3つお気に入りは保存できます。

ホンネを言うと、EIZOのモニターくらい欲しかったんですが、10万超えですので、無理!
この3万台のディスプレイでも、シロウトには十分だとわかりました。
コストパフォーマンスは高く、4Kモニター入門機にはぴったりの商品だと思います。