イベルメック錠をもらってきました―イベルメクチンってコロナに有効って聞くけど。

こんにちは、えみゅママです!

先週半ば、やっと獣医さんへ連れて行って、狂犬病注射を済ませ、フィラリア予防薬をもらってきました。

接種後、3日後くらいにフィラリア薬を飲ませてください・・・・っていうことで、今朝2匹に投与。

投与って言っても、わんこの好きなジャーキー(もしくはビスケット?)のようになっていて、2匹とも喜んで食べます。

今話題の、イベルメクチンが入った薬です。

*フィラリア症とは

蚊が媒介する寄生虫が犬の心臓に寄生する病気です。

心臓に虫が寄生するので、かかると、心不全や肺機能低下が起こります。たまに、獣医さんでフィラリア症の子を見かけることがありますが、腹水が溜まっていたり、息をするのもやっと、という症状が見られるので、本当にかわいそうです。

フィラリア症を予防するためには、フィラリア予防薬をだいたい5月ごろから蚊の発生が収束してから1か月後くらいまでの11月ごろまで投与する必要があります。

最近では、

① 滴下タイプ薬

   例:レボリューション フィラリア症予防とノミ・ダニの駆除も行える

② 錠剤タイプ薬

   例:カルドメック錠 以前の犬にはこれ(こちらのたぶんジェネリック?版を)を使ってました。吐き戻しが少なくコストパフォーマンスがいいです。

③ チュアブル薬

   例:ネクスガード スペクトラ ノミ、マダニ・フィラリア・回虫すべてに効くらしい。オールイン薬。

 

といった、様々なバリエーションの薬があります。でも、薬って薬効と副作用表裏一体だと思うので、くれぐれも獣医さんと相談して処方してもらってくださいね。

イベルメックPI

くるみはS、あずきはM。(体重はヒミツにしておいてあげる(´∀`*)ウフフ )

うっかり、中身の写真を撮らずに犬にやってしまいましたが、中は骨型のジャーキー(ビスケット)タイプです。

さて、表題のイベルメクチン!

去年、新型コロナウイルスが出始めたばかりのころ、ワクチン製造がまだだったため、ウイルスに効く薬が一時話題になりました。

(今ではすっかりワクチンの話題ばかりになってますけど・・・・・・)

ストロメクトール(イベルメクチン)や富士フィルムのアビガン(ファビピラビル)など、日本発の薬も話題に。

結局、ストロメクトールもアビガンも日本では治療薬としては承認されていません。ていうか、COVID-19の日が浅くて、治験に見合うデータがそろってないせいなのかな?

ところが、ここにきて、イベルメクチンがインドやアフリカなどで多くの人に投与され、感染率あるいは重症化・死亡率がおさまってきているとの報告が。

イベルメクチンとは?

日本が誇る、ノーベル賞生理学・医学賞受賞者、大村 智教授が開発した薬。

アフリカや南米でオンコセルカ症(河川盲目症)という病が深刻化していたのですが(これも回旋糸状虫による失明症)、イベルメクチンが入った薬を投与すると、劇的にこの病気が減ったそうです。

その後、様々な風土病などにも効果が確認され、現在世界中で使用されている薬とのこと。

昔に開発されているので、薬価が安価で、投与方法も簡単。副作用もほとんどないということで、全くもって知れば知るほどすばらしい業績です。

さすがに、ノーベル賞に冠される開発だけあります。

この薬が本当に新型コロナウイルスに効くかどうかは、これからの治験でもう少し検証が必要なのかもしれませんが、私個人的には、ぜひとも薬効があって欲しいですね。

今回のワクチンについても色々思うところはあるのですが、人によって思想・信条は異なるので、言っても水掛け論に終わりそう。

あっ、それと、コロナに効きそうって、わんこ用のイベルメクチンはくれぐれも服用しないように。

写真の個包装にも書いてありますからね。

とにもかくにも、11月まで毎月1包ずつ食べさせるのを忘れないようにしなきゃね。

美味しいからまぁ、食べるでしゅけどね。ホントは薬は苦手でしゅ。

↓ 以下、参照ページです。北里大学のはPDFです。

新型コロナウイルスに対するイベルメクチンの現状(北里大学 PDF)

↓ いつまでリンクがあるかはわかりませんが・・・・

イベルメクチンはコロナ治療に有効か無効か 世界的論争の決着に日本は率先して取り組め

https://www.yomiuri.co.jp/choken/kijironko/cknews/20210427-OYT8T50019/