マスクを縫い縫い・・・、でしゅ。

コロナウイルスが流行ってたいへんなことになってきたでしゅ。

ママさんは、マスクを節約するために、マスクを縫い縫い・・・・。

ガーゼ生地はお店からきれいさっぱり売り切れになっていたので、くるみちゃんのお洋服の残り生地と、ガーゼシーツを使ったでしゅよ。

くるみちゃんに感謝しつつ・・・・ミシンで縫い縫い。

筒縫いにしたのを裏返し・・・・・

1枚出来上がり。

何を切ってるでしゅか?

『タイツを細切りにしてマスクゴムにするんだよ♡』

『ふぅ~。完成!!』

使い古したガーゼハンカチも使ったでしゅよ。

6枚できた!!

『あーしんど。1日かかっちゃったよ(-_-;)』

あたちたちにも作ってもらったでしゅよ。(ウソ。合成です(笑))

◎えみゅメモ◎

1月下旬から2か月あまり。新型コロナウイルスの流行はひどくなるばかり。買い置きのマスクも残りが気になる今日この頃。

とうとう手作りマスクを作ることにしました。(政府は2枚くれるって言うけど、だいぶん先になりそうだし)

ただ、手芸屋さんに行っても、『ガーゼ生地』『さらし』『マスク用ゴム』が全部売り切れで。(←ちょっと取り掛かりが遅かったのね)

そこで、くるみちゃんのお洋服づくりのあまり生地やシーツ、ガーゼハンカチなど、家にあるものを総動員してマスクづくり。

型紙はありがたいことにネットで見つけました。

20分で完成!立体マスクの作り方

https://book.nunocoto-fabric.com/15460

プリーツマスクよりも顔に密着しそうなので立体マスクを選びました。

マスクゴムも、ネットでストッキング(タイツ)を使えば簡単と見たので、(白タイツが家になく)ベージュのタイツを細切りして作りました。

これ最初に考えた人えらい!!ストッキングって切ってもほつれないし、耳が痛くならないくらいソフトです。(おすすめ!)

でもお陰様で、ソフトで口元すべて覆ってくれるので、とってもいいマスクができました。女2人に3枚づつできたので、当分洗いまわして使えるかな?

今日は疲れたので、また後日パパさんのを作らねば。女性の型紙を少し拡大コピーしたらいいんですって。

手芸屋さんで生地を買わなくても、家にあるハンカチやバンダナや日本手ぬぐい、ガーゼシーツなどを使うと結構使えるよ。