リングフィットアドベンチャーが思いのほか面白かった件。

こんにちは、えみゅママです!

なんか、あっという間に年末が押し迫ってますね~。

今年はコロナコロナで大変な年でしたが、来年こそはちょっとは治まって欲しいものです。

さてさて、えみゅママは5月くらいからず~っと

任天堂スイッチのソフト『リングフィットアドベンチャー』

が欲しかったんですが、品薄で転売する人が後をたたず、ずっと手に入れることができませんでした。

夏前くらいは、マックス2万円ちかくの値をつけていて、とても手が出せる状態ではありませんでした。

でも、最近になってようやく需要に対して生産が追い付いてきたらしく、任天堂webのダウンロード版やタイミングが良ければ各家電店(or通販)で手に入るようになってきました。

私はジョーシンで手に入れました。

ジョーシンも断続的に取り寄せ販売してます。取り寄せっても、3~4日で配達されてきましたがね。

買う前は、『すぐ飽きて3日坊主になるかも??』って心配でした。

これがこのソフトの肝となるリングコンと・・・・

レッグバンド。(太ももに巻きます)

ちなみに、スイッチのリモコンをこうセットします。

まったく説明書が入ってないので、最初ちんぷんかんぷんでしたが、ゲームがはじまると、すべて動画でセットの仕方を教えてくれます。

まぁ、このゲームの魅力は各ユーチューバーさんにお任せするとして、基本はRPG。山あり谷ありの世界を走りながら、リングコンを押し込んだりひっぱたりして、コインやアイテムを集め、魔物をフィットネススキルでやっつけるのです。

このリングコンを押したり引いたりするだけで、正直運動になります。めっちゃ硬いリング。力が要ります。

それで『進む・戻る』を選択するアクションになってますので、ゲームが終わるころには、腕がプルプル震えます(笑)

みぶりさんと呼ばれるアニメの男の人のマネをして、運動しながらモンスターにアタックをかけます。

えみゅママは自慢じゃないけど、ゲーム類は全くしません(笑)

ゲームセンスゼロなんで、正直コインを取ったり、宝箱を破壊してアイテムをゲットしたりするのは苦手ですが、それなりに進んでいけますし、レベルもアップしていきます。個人によって運動負荷を調節してくれるし、毎日でもその負荷を重くしたり軽くしたりすることができる点も、年配の私にはぴったりでした。

特にすごいな~って思ったことは、コントローラーのIRカメラに指を押し当てると、脈拍を計ってくれて、無理しているかどうか知らせてくれます。

ゲームの始まりと終わりにはストレッチ体操ができるようになっていて(スキップすることも可だが)、これもグッド。

今日で10日近く毎日運動続いています。

年齢が年齢なんで、無理せず、1日ゲームを15~30分くらいずつしています。不思議と、これだけしかしていないんですが、運動後は『スッ』とするんです。それと、最近飲みだしたカモミールティーとの相乗効果で、体調はなんか(気のせいか)とてもいい。

リングフィットアドベンチャーは上記のRPGだけじゃなく、ミニゲームや体の部位ごとの運動なんかもできるようになっていますので、当分、飽きることなく遊べそうです。

3日坊主の心配もなくなり、いい買い物したな~っと思ってます。