クールマックス生地のマスク。

こんにちは、えみゅママです!

コロナコロナでボーっとしてるうちに、あっという間に梅雨ですわ。

ほんと!ジメジメいやな季節に突入しました。

暑いといえば、マスク!

いつまで、マスクをつけてなアカンのかなぁ・・・・?

というわけで、えみゅママの、涼しいマスクの追及は続く・・・・(笑)

上記の記事は5月に書いたんですが、以降、マスク作りはもうほとんど私の趣味と言っていいかもしれません。

ついつい、『これを使うとどうなるの?』と比較したくなるのが私の悪い癖・・(カメラにしろ、ドッグフードにしろ)

作りに作ったり!

先日、ユザワヤさんで、

クールマックス生地

を見つけたので、試しに30cmだけ切っていただきました。

幅広生地で30cmもあれば、女性用マスクの表地、8個分は切り分けることができます。

↓ クールマックス生地を使った『西村大臣風ボックスプリーツマスクの作り方』はコチラ

クールマックスとは・・・・・

1986年アメリカのデュポン社が開発した素材で、通気性に優れ、汗をすばやく吸い上げ蒸散させる、お手入れが簡単・・等の理由から、夏の衣料にぴったりの生地です。

くるみの夏のお洋服は、ほとんどクールマックス素材を使ったものです。

クールマックス®オールシーズン テクノロジー

https://coolmax.com/ja-JP/Technologies-and-Innovations/COOLMAX-technologies/ALL-SEASON

さてさて、クールマックスが手に入ったんですが、それを、

1.表地に使う

2.裏地に使う

3.表裏ともにクールマックスを使う

の3パターンがあって、どういう風に使うか迷いました。

クールマックスは確かに触るとヒヤッとしていいんですが、それは触った1瞬だけで、ずっと肌に触れている感じではさほど冷たくありません。

試しに生地を二重にして息をしてみると、やや、息苦しいです。で、3.は却下

2.も触れた瞬間はひんやりしますが、ずっと着けているとそんなにひんやりしません、し、これは個人の好みの問題かもしれませんが、やはり、直接口回りに触れる肌触りは、ガーゼに勝るものはないと感じます。意外なんですが、ダブルガーゼはそのガーゼの重なりから空気が出入りして、とても通気性がいいです。

薄けりゃいいだろう!と作った、オックスに、手芸屋さんで買った目の粗い薄い綿?生地1枚を裏地にしたマスクは、結局暑いです(苦笑)

で、結局、いつものように裏地はダブルガーゼで、表地にクールマックスを。

ちょっとまだらに写ってますが、実際はとてもさらさらした光沢のある生地です。このグレーが比較的お値段が手ごろだったのでこの色にしました。

ピスタッチオ色みたいなきれいな色もあったのですが、お値段が・・・・(-_-;)

シャリ感があって、裁断もしやすかった。

やや、ほつれ易いとみた。

1日2枚作るのが私の無理ないペース。

100均のお花をつけると・・・・

けっこう、涼しげでお気に入り!

洗ってみたんですが、ほぼノーアイロンでOKです。扱いやすい。

クールマックス生地  ★★★★☆

↑ 夏に適したマスク生地の採点。

星ひとつ減らしたのは、やっぱり価格。

リップルだと、10cm\100もしないくらいなのに、クールマックスは10cm最低でも\150、ちょっと色がきれいな生地は10cm\230くらいしました。

この価格差が感じられるようだったら・・・・

しばらく、使ってみて、また結果を書き足しておきます。

*2020年6月18日追記*

しばらく使いましたが、やっぱり夏にはぴったりの生地だと思います。

1. 息が楽で、蒸れもマシ。

2. 洗いっぱなしでも、生地がよれない。

というのが長所です。

でも、何度も言いますが、リップルのような、綿・ポリエステルの混紡生地のマスクも悪くないです

価格が安くて、どんな手芸屋さんでも手に入りやすく、柄も豊富だからです。

とりあえず、私が買った、10cm ¥150くらいのクールマックスだと許せるので、夏のマスクとしてはお勧めの生地だと思います。