色変わりが楽しめる酔芙蓉・橘寺(奈良県高市郡明日香村)

◎橘寺

石舞台駐車場から橘寺までやってきたでしゅ。石舞台から橘寺までは目と鼻の先。

受付で『犬はOK』って言ってもらったでしゅよ。くるみちゃん、あたちたちも入っていいからね。

わ~い♪

きれいな花がいっぱい咲いているでしゅ。

酔芙蓉って言って、朝は白、昼はピンク、夕方には濃紅に変化する珍しい花だよ

もうお昼だからピンクなのかな?

真っ白な芙蓉。

つぼみ?

本殿前にて。

橘寺は聖徳太子が建立したお寺で由緒があるでしゅ。

『白 → ピンク → 紅に本当に変化するんだね。』

あっ、ネコ!

『でも2匹は気づいていないよね・・・』

きれいな庭園。

二面石。

『なかなか2匹が前を向いてくれないよ(‘Д’)』

『さぁ、帰るよ!』

は~い♡

川原寺(飛鳥4大寺のひとつ)跡や飛鳥板蓋宮(中大兄皇子・中臣鎌足が大化改新を行い、蘇我入鹿を倒したと伝えられる場所)跡が橘寺の向こうの方にあるでしゅ。また行ってみたいでしゅね。

楽しかったね♡

〇えみゅメモ〇

稲渕のあとに、すぐそばの橘寺へ寄りました。

え~っと、確か2年ほど前にも行ったよな?酔芙蓉が咲いていたのはいつだったのかな?

こんな時は、自分の鼻ツン日記を調べるとすぐわかります。

おっ、なんという偶然!二年前のちょうど同じ日、10月7日!

じゃあ、酔芙蓉はきれいよな?ということで訪れました。

拝観料は¥350なり。わんこはOKだとのこと。

境内にはものすごくきれいな酔芙蓉。前回よりも満開のように思えました。

白からピンク、そして濃紅に萎んだ花。萎んだ花は、ぽろっと地面に落ちていました。

お酒に酔っているような大きな芙蓉。変わっていて美しいので、ぜひ訪れて鑑賞してくださいね。それと、犬は入れませんが、往生院には260枚の美しい天井画があって、それも美しいのでぜひお勧めです。