X-Pro3のこととか・・・・・

*末尾に2020年1月13日の追記があります*

昨日また、性懲りもなく難波の『 FUJIFILM Imaging Plaza 大阪 』へ行ってきました。

というのも、前回ショールームにはX-Pro3の(ノーマル)ブラックしか展示がなく、今回の新色DR色がなかったからです。

さすがに、本日28日はブラックの発売日だし。そろそろ新色も見とかないと。

どんな色か気になって気になって・・・・(笑)

前回と同じスタッフさんが、

やっぱりきっちり1時間お付き合いくださいました。

こんなおばあちゃんに長々お付き合いくださいまして ほんま良い方です。 すみません<(_ _)>

あんま話し込んでて、うっかり写真を撮らせてもらうのを忘れてました。

で、プレス用の写真をちょっとおかりします<(_ _)>

https://www.fujifilm.co.jp/press/ffnr1480.html
から転載させていただきました。

どちらもとてもいい色。ギラギラもしてなくて、半艶の上品な高級感のある佇まい。

気になっていた指紋のこととかもう一度聞くと、実際に付属する『拭き取り用のクロス』を持ってきてくださいました。このクロスは、車用のセーム革のような肌触り。
実際に、DRブラックについていた指紋をゴシゴシすると、確かに取れます。チタンの特性として素材のデコボコに汚れが入りやすいので、指紋が付きやすいとのこと。
でも、気になるようだったらゴシゴシしても傷がつかないので、ゴシゴシ拭いてください、だそうです。

DRブラックはガンメタのような感じ。塗装・・・・というより着色された金属という風合いです。かっこいい!!

DRシルバーはシルバー・・・・というよりかは淡い金色に近いです。(結局、この写真に近い色味だと思います)
これだけ、地金のチタンに硬化処理を施しているので、金属そのものの素材感を楽しめます。また、胴体色とコントラストがあり、私が昔からイメージする『カメラ』に一番近いです。
こちらには、シルバーのレンズがつけてあったのですが、明らか色味が違います。シルバーはもっと白い。ですから、スタッフの方も、『DRシルバーには黒のレンズの方が似合うと思います』とおっしゃっていました。

ついでに、気になっていた『T-3』『T-30』『X-100F』『X-Pro2』も順にいろいろ説明していただきました。
ちょっと重いけどT-3、めっちゃかっこいい。メカメカしいので、男性受けしそうです。これでもG9 Proより100グラムは軽いので、ほんま選択肢にいれてもいいほど。
X-Pro2もオートフォーカスそんなに気になるほど遅くはありません。ただし、やっぱりファインダーが違います。見え方も、仕組みも。
内部は2と3で、まったく違うユニットになっているそうです。
まぁ、いろいろ意見はあると思いますが、やっぱり今から買うんだったら『3』でしょう。なんせOVFがびかーーっとクリアでめっちゃきれい!
ズームによって画角枠が拡大縮小するのですが、広角になると消えてしまうという現象は、これからソフトウェアで改善されるそうです。

あーーー、色!めっちゃ悩みますよね。ノーマルブラックも指紋の心配がないのでいいし、どうせならデュラテクトの色がいいとも思うし・・・
もし買うんだったら、全力で今持っているデジカメ・レンズ群を売らないといけないとは思うのですが。
本命のDRシルバーは受注と加工の遅延のため、1月16日に発売延期されたので、もうちょっと悩みます。
ちなみにノーマルブラックは本日11月28日、DRブラックは12月19日発売だそうです。

その後、梅田(ヨドバシ)に出る気力がなかったので、近くのビックカメラに回って、散々、T-3、T-30、X-Pro3等をいじってきました。
でも、ビックカメラって完全に、外国人ターゲットなのね。カメラの設定がほとんど中国語!X-Pro3だけがかろうじて英語でした。
まぁ、ええけど・・・・

ニコンの新しい廉価なミラーレス、『Z50』も見てきました!

発表があってから、

右手だけでほとんど操作が完結

ってところに惹かれて(犬のリードを左手で持つと、右手だけで操作ができる方が都合がいい)、期待大。本当はショールームにも足をのばしたいとは思っていたほど。

確かに、液晶もファインダーも見やすくてきれい。こっくりとした色ノリがGOOD。フォーカスも早くてサクサク。本体も『軽!』って思いました。

でも・・・・・・。めっちゃプラスチック・・・・・。

最初思わず『えっ?』っと二度見したほど(笑) 

いや、値段からしたらそれでいいのかも。軽くて安くて写りがよい。そんなカメラなのかも。
キットレンズの NIKKOR Z DX 16-50mm f3.5-6.3 VR も 50-250mm f4.5-6.3 VR もプラスチック感はんぱないです。
いや、ここは軽量化するための素材とみるべきか?

あんまり価格コムの評価が良く、みなさん、質感とかのネガティブな意見がなかったので、私だけそう感じるのかもしれません。

*********  2020年1月13日追記  ************

ショールームでDRの写真を撮ってきたので、追記しときます。

DRシルバー
DRシルバー
ノーマルのブラック

↑ おそらく『ハンドグリップ MHG-XPRO3』のオプションをつけていると思います。握ってみると確かにグリップの感じは良くなりますが、単焦点ぐらいのレンズをつけているだけなら、なくても全然OKです。

DRブラック
DRブラック

↑ ちょっとスマホ写真じゃ見難いんですが、指紋は相当ついていました。スタッフの人は、『毎朝始業前にクロスできれいに拭いています』っておっしゃてたので、取り切れていないのが蓄積されているのか!?でも、書き込みによると、『いっそ全部手油でなじんでくると、かえって目立たなくなります』なんだそうです。

DRシルバー

↑ 遠目には、DRブラックよりも指紋は目立ちませんが、近づいてみると、やっぱりムラが!ここらへんのが許せるかが、DRを選ぶ重要なファクターになるかと。

********  12月15日追記  ************

先日から、色のことで迷いに迷って・・・・・

海外のYoutubeを見てると、やっぱりDR色のは相当指紋がつきそう。
シルバーなんかは、手油で『虹色』にテカッテる(笑)し。
う~ん、カメラの色的にシルバーが一番好きですが、指紋を気にしてばかりだと持ち出しの機会が絶対減ってしまう。
使ってナンボの世界やし。
でも、じゃあ高い買い物で、意に沿わない色のカメラを買ってもなぁ・・・・
と思うと、ますます頭グルグルしてきて。(←きっと皆さん同じように悩むんだろうな)

そうこうしている間に、来年2月のCP+の前に、X100V(X100Fの後継機)が発表されるらしいという噂が聞こえてきたので、その情報見てから考えようかな。
前回富士のショールームに行ったときに、X100Vの開発に話振ったら、否定はされなかったし、モデル時期的にそろそろ出そう。

でもなぁ、単焦点のみのカメラって、画角的に撮れないものがあるのでやっぱレンズ交換式かな・・・・
ソニーRX1でそのことは十分にわかってます。